LiveWedgeで配信してみた

LiveWedgeと操作をするiPadアプリ

昨年の12月から「igaラブ。」というインターネット生放送をしています。
今までは、LogicoolのWebカメラ+iMacでやっていましたが、今回からスイッチャーを導入。
とりあえず1カメでSonyのハンディカムをつなげました。
これでズームができるし、ついでに三脚も新調してスムーズに動かせるようになった。

LiveWedgeを使ったUstream配信の様子

写真とムービーで地域を紹介するコーナーでは、テレビをモニタにしたMac miniで、iPhotoのスライドショーを再生、そのテレビ画面をWebカメラを三脚ごと近づけるという手動ズームをしていました。
今回からは、Mac miniの画面を直接映して、カメラの画像を中に小さく重ねる「ピクチャ・イン・ピクチャ」になりました。
ピクチャ・イン・ピクチャにしたコーナー

映像をグレードアップ!なのはいいのですが、肝心の内容こそ、グレードアップしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>